2014年07月17日

日本ラグビー 「スーパーリーグ」参入なるか

南半球のニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの
クラブチームから構成される『スーパーラグビー』に日本も参加するということらしい。

ラグビーでは最高峰のリーグになるので、そこに日本が参加するとなれば、
2019年のワールドカップに向けて、日本ラグビーの強化につながることでしょう。

しかし、そのハードルは高い。
JRFでは、日本代表クラスでチームを構成して参加とあるけど、
それでも勝つのは難しいのではないか。
筆者はそう感じます。

今の日本のラグビーに必要なのは、まず競技人口を増やして選手層の裾野を広げること、
そう考えます。

これまだ実現するかどうかはわかりませんが、テレビで地上波の中継も入れて、
世界のラグビーを広く見てもらって「ラグビーやってみようか」という人を
広げたいですね。


ラベル:ラグビー
posted by アッキー at 10:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

帝京大学 ラグビー部5連覇の先は日本選手権へ

ラグビー大学選手権が昨日、国立競技場で行われ、

41-34で帝京大学が早稲田大学を破り、前人未到の

大学選手権5連覇を達成しました。

キックオフ直後こそ、早稲田のノーホイッスルトライによる得点で、
この試合接戦になるかと思いきや、(実際、接戦になったのだけれども)

その後は帝京が終始安定してボールをキープし、全く早稲田の攻撃を

寄せ付けず、後半も追い上げられたが最後は勝った、という試合でした。


私が帝京大学のラグビーについて書いた記事が2010年のアーカイブで残っておりました。



帝京大はもはや大学ラグビーの頂点にいて、これからのラグビートレンドを引っ張っていく存在になるだろう。それだけの「継続的な強さ」がある。これからは日本選手権を射程に据えて闘うとなっていくだろう。

早稲田、慶応、明治といった伝統校が帝京の独走的な強さを許してはいけない。

そうやって大学ラグビー界が競り合う展開を帝京がリードしていくのだろう。


posted by アッキー at 16:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

早稲田の攻撃をしのいだディフェンス。 帝京2連覇

スコアは17-12と帝京が5点差での勝利ですが、トライ数は2対1と早稲田の方が上。
早稲田の爆発的な得点力をディフェンスでしのぎ切り、早稲田のペナルティを誘い込んでの
帝京の守り勝ちでしょう。


posted by アッキー at 11:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa