2010年11月24日

11/27(土)開催「内定獲得ノウハウ」/11/30(火)開催 近未来教育フォーラム2010 受信トレイ

【DHGS】11/27(土)開催「内定獲得ノウハウ」/11/30(火)開催 近未来教育フォーラム2010
受信トレイ
×
返信
デジタルハリウッド大学大学院 To 自分
詳細を表示 13:00 (5時間前)
━━━━━━━━━━━━━━━ デジタルハリウッド大学院 NEWS:201124 ━

賢明に就職活動中の学生諸君、このような研修があるそうだから
ご興味があれば参加してみてはいかがだろうか


11/27(土)開催
「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法

11/30(火)開催 
近未来教育フォーラム2010〜Exploring New Education In Digital〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールマガジンは、デジタルハリウッド大学院及び、情報誌・情報サイト
より資料請求された方へお送りしております。

<購読登録の修正/停止は daigakuin@dhw.ac.jp まで>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様こんにちは、デジタルハリウッド大学院の熊谷です。

先日、大学から本大学院に進学し、見事希望企業の内定を獲得した院生の皆様
にお集まりいただき、『「初公開!内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業か
ら内定を獲得する方法』を開催いたしました。

昨年の4月に入学されて、約1年半。パネラーとして参加いただいた3名の院生
が、大学院での学びや就職活動を経て、「仕事に対する価値観」や「社会との
関わり方」について、自分の言葉で進学検討者の皆様にお話されている姿を拝
見させていただき、一社会人としても多くの「気づき」がありましたし、大学
院広報としても、とても誇らしい気持ちで一杯でした。

本大学院を経て、それぞれの未来へ向けて、自らの手で一歩一歩着実に進まれ
ている院生の姿を拝見できることが、私たち大学院広報として一番の幸せでご
ざいます。

さて、今回は皆様に
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
11/27(土)開催
「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
をご案内申し上げます。

前述でご紹介させていただいた本イベントですが、好評につき再度開催させて
いただくことになりました。

昨年に続き2010年においても、新卒就職内定率は厳しい状況ですが、本大学院
へ進学された先輩達は希望企業の内定を獲得されています。なぜ、本大学院の
院生は内定を獲得できたのでしょうか? 現在就職活動中、そして就職活動を
控えていらっしゃる学生の皆様、必聴の内容です。

また、あわせて
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
11/30(火)開催 
近未来教育フォーラム2010 〜Exploring New Education In Digital〜
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
をご案内申し上げます。

進化するデジタルコンテンツに関する今後の展望など皆様の活発な情報交換の
場としてご活用いただければ幸いです


━━ 今回のINDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

1.11/27(土)開催
「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法

2. 11/30(火)開催 
近未来教育フォーラム2010 〜Exploring New Education In Digital〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

1.11/27(土)開催
「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

デジタルハリウッド大学大学院では、大学から本大学院に進学し、見事希望
企業の内定を獲得した院生にお越しいただき、
『「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法』
を開催いたします。

9月末に開催した本イベントですが、好評につき再度開催させていただくこと
になりました。

昨年に続き2010年においても、特に4年制大学の新卒就職内定率は厳しい状況
ですが、本大学院へ進学された先輩達は希望企業の内定を獲得されています。

なぜ、本大学院の院生は内定を獲得できたのでしょうか?

今回は先輩院生より、それぞれの就職活動、内定獲得のポイント、大学院での
学び方など、内定獲得のノウハウを語っていただきます。

現在就職活動中の大学4年生の皆様や、来年就職活動を控えている大学3年生の
皆様は勿論、2年後、3年後に就職活動を予定されている大学1、2年生の皆様も
必聴の内容です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
11/27(土)開催
「内定獲得ノウハウ」先輩が語る希望企業から内定を獲得する方法

>> http://gs.dhw.ac.jp/event/20101127/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【パネラー】
奥平 悠太(おくだいら・ゆうた)さん:大手インターネット関連会社内定
明治大学情報コミュニケーション学部出身

【セミナー内容】
・ご自身の就職活動について
・就職活動でのポイント
・大学院での学びが就職活動にどのように役立ったのか
・大学から大学院へ進学を決めた理由
・内定者から大学生へ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■日 時:2010年11月27日(土) 14:00〜15:30 (開場13:45)

■会 場:デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス7F
http://gs.dhw.ac.jp/utility/access/

■定 員:20名

■費 用:無料 

▼お申し込み/詳細はコチラ
http://gs.dhw.ac.jp/event/20101127/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

2.11/30(火)開催 
近未来教育フォーラム2010 〜Exploring New Education In Digital〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

このたびデジタルハリウッドでは、来たる11月30日(火)に「近未来教育フォ
ーラム Exploring New Education in Digital」を開催致します。

時代の急速なデジタル化、グローバル化に伴い、社会で様々な課題が浮き彫り
となっている昨今、デジタルハリウッドでは専門職大学院「デジタルハリウッ
ド大学大学院」、四年制大学「デジタルハリウッド大学」、専門スクール「デ
ジタルハリウッド」などにおいて、次世代を担う人材育成に取り組んでまいり
ました。

当フォーラムでは、企業や教育関係の皆様に、デジタルコミュニケーション時
代に対応した私どもの実践的な教育研究の取り組みについてご理解・ご意見を
頂くと共に、進化するデジタルコンテンツに関する今後の展望など皆様の活発
な情報交換の場としてご活用いただければ幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
11/30(火)開催 
近未来教育フォーラム2010 〜Exploring New Education In Digital〜

>> http://www.dhw.co.jp/forum2010/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■基調講演: デジタルコミュニケーション時代の人材育成
(13:00〜14:30 5Fアキバホール/定員:150名)
※現時点で既に満席のため、お申し込み受付は終了しております

デジタル化、ネットワーク化、グローバル化が進む現代において、人類社会は
従来の枠組みを超え、自らで新しい世界を築かなければならない状況に置かれ
ている。デジタルコミュニケーションが世界のどの地域においても社会インフ
ラとなる時代、どのような人材が必要とされるのだろうか?新たな社会を築く
人材育成を行うため、教育機関は、企業は、そして日本は何を為すべきなのか


「未来を拓く学び」をモットーに教育改革に邁進する文科副大臣鈴木寛氏、国
際派ビジネスマンとして熱いメッセージを放つ宋文洲氏とともに、従来の大学
教育とは一線を画した斬新な取り組みで大学を立ち上げた本学学長の杉山知之
が、次世代の教育と社会のあり方について存分に語りあい提言する。

鈴木 寛氏(文部科学副大臣)
宋 文洲氏(ソフトブレーン株式会社 マネージメント・アドバイザー)
杉山 知之(デジタルハリウッド大学学長)


■特別対談:デジタル時代に求められるビジネススタイル「プロデュース」と
その能力開発 (14:45〜15:30 5Fアキバホール/定員:150名)

ヒットコンテンツ研究室にて、2005年から研究している大ヒットを生んだコン
テンツ・プロデューサーのEQ能力及びEQ行動特性から、ある特徴的な能力
像がモデル化できた。その特徴は、「ストレス対処」「状況モニタリング」「
感情的被影響性」などのEQ行動特性に表れており、そのモデルはコンテンツ
産業に関わらずさまざまな領域の能力開発に対してひとつの可能性を示すと思
われる。本セッションではその研究成果を報告するとともに、人財開発の有識
者との議論から21世紀に必要とされる能力像やその開発の可能性を探る。

橘・フクシマ・咲江氏(G&S Global Advisors Inc.代表取締役社長/コーン・
フェリー・インターナショナル(株)アジア・パシフィック地域 最高顧問)

吉田 就彦(デジタルハリウッド大学大学院教授/
(株)ヒットコンテンツ研究所 代表取締役社長)


■セッション
・セッション1:世界とつながるデジタルハリウッド流英語教育
〜旧態依然とした英語教育からの脱却〜
(14:45〜15:30 6Fルーム6/定員:65名)

・セッション2:テーマデジタルハリウッド大学の教育改革
〜全員参加型授業と継続的教育改善のためのFD技術〜
(15:45〜15:30 6Fルーム3/定員:65名)

・セッション3:テーマ産学協同研究「スクールPad構想」
〜「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会」における取り組み〜 
(15:45〜15:30 5Fアキバホール/定員:150名)

・セッション4:
「電子書籍は儲かるのか!?新出版ビジネス奮闘の今と未来」
(16:45〜17:30 5Fアキバホール/定員:150名)

・セッション5:メッセージデザイン時代の教育手法
(16:45〜17:30 6Fルーム6/定員:65名)

・セッション6:ただ「つぶやく」だけでは意味がない!
デジタル時代における企業と消費者とのコミュニケーションとは?
(17:45〜18:30 5Fアキバホール/定員:150名)

・セッション7:アニメクリエイターに未来はあるのか?
〜変われないアニメ産業にデジタル化がもたらすものとは?
(17:45〜18:30 6Fルーム3/定員:65名)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■日 時:2010年11月30日(火)13:00〜18:30(開場:12:30)

■会 場:
富士ソフト アキバプラザ5階・6階(アキバホール/セミナールーム3〜6)
http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/cont/info/access.html

〒101−0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル
※当日は、名刺を頂戴させていただきます。


■費 用:無料 

▼お申し込み/詳細はコチラ
http://www.dhw.co.jp/forum2010/



┏━━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 今回ご案内した「近未来教育フォーラム2010」は、デジタルハリウッドの
┃ 知見を結集したイベントです。おかげさまで産業界だけではなく教育業界
┃ からの熱い視線を頂いています。

┃ お席をご用意できるセッションもまだいくつかございますので、ご都合の
┃ 許す方はご参加ください。

┃ 当日は登壇者と名刺交換できるコーナーもご用意しております。

┃ (デジタルハリウッド大学院 山本)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 次世代プロデュース人材を育成する大学院
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃デジタルハリウッド大学大学院  http://gs.dhw.ac.jp
┃――――――――――――――――――――――――――――――――――
┃E-mail:daigakuin@dhw.ac.jp
┃TEL:0120-019-236(フリーダイヤル)
┃TEL:03-5297-5797(直通)      FAX:03-5297-5788
┃ADD:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
┃発行人:佐藤昌宏
┃編集スタッフ:山本隆三/熊谷有加
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃メールマガジンの購読登録の修正・停止はこちら
┃    → daigakuin@dhw.ac.jp
┃メールマガジン内容へのご意見、お問い合わせはこちら
┃    → daigakuin@dhw.ac.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールの内容は、内容の改変一切なしに全文を転送する限りにおいてご自由
に転送していただいて結構です。本誌掲載サイトを利用になる上で発生したあ
らゆる損害に関して、デジハリは一切の賠償責任を免れます。
Copyright(c) 2010 DIGITAL HOLLYWOOD. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by アッキー at 18:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

【ブログ】意外に思った 『月間クエリ数のトップはYahoo! Searchで23億6903万回 ネットレイティングス調査』

ネットレイティングス株式会社が「Mega View Search」という
検索サービス利用動向に関するレポートの提供を始めたそうです。

そのレポートによると、2010年4月の月間利用動向は、1ヶ月の
クエリ数は44億5215万回、内、もっとも利用が多かったサービスは
Yahoo! Searchの23億6903万回、次いでGoogle Searchの16億6036万回と
いうことでした。
(4月の調査レポート PDF)

この数値を見ると、やはり検索の市場はYahoo!とGoogleの独壇場となっていて、
Yahoo!が日本国内では大きくリードしているということになります。


ううむ、そうなのかあ、と、実は意外に感じました。
私がこうやって書いているブログは、検索結果から参照してこれらる
ユーザーが多く、直近1ヶ月間ですべてのリファラの内、75.6%が検索エンジンを
通じて訪れるセッションで、その内86%がGoogleの検索から来られたセッションに
なっています。

search.jpg

Yahoo! Searchのアルゴリズムには人力も入っていて、これがよく変わるので
なかなかindexに引っかかるのが難しかったりするのもあるのですが、
それにしてもこれだけの差があるのでGoogleの検索シェアはもっとあるかと
思っておりましたが、そうでもないということなのですね。

Yahoo! Searchのindexにもっとヒットするブログを書くことに精進しなければ。
posted by アッキー at 15:05| 🌁| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa